小児科/呼吸器科/土曜・日曜診療/健康診断 宮城県名取市の「時計台クリニック」

文字の大きさを調節できます

  • 小
  • 中
  • 大

医療法人社団 近江医院

メインメニュー

ホーム院長時事通信 › 万里一空

院長時事通信

万里一空

秋空の休日、小さな幸せが戻る

IMG_1968.JPG kc3o1104.jpg

今回も多くの方々の”優しさ”が身に沁みました。
大事に至らず・・たくさんの暖かい眼に見守られながら・・娘は無事退院へ
曽我睦先生(曽我内科こどもクリニック)に感謝の念をご報告がてら、2か月健診の予約をしてきました。

KC3O1166.jpg

親は子を・・子は親を思い・・そして、兄弟姉妹はお互いを思いやる。
自分は日々、そんな家族愛が繰り広げられる診察室にいて・・

医師である前に、まず親でありたい。
子どもの様子が普段とちょっとでも違えば、親は不安で心配になるものです。

去年、そして今年と、我が子二人が続々に1歳未満での入院を経験。
親の眼差しで、常に親の気持ちで、日々の診療にあたることの大切さを学びました。

大関昇進が決まった琴奨菊が向上で述べた「万里一空」という言葉を、つい先日知り・・宮本武蔵が修行で辿り着いた境地を著書・五輪書で説いた「山水三千世界を万理(里)一空に入れ、満天地ともまとめる」・・「どんなに遥か遠くまで行っても空は一つ」。

「目標を見失わずにそれに向かって精進する」の意。

元巨人の桑田真澄さんも、斎藤佑樹投手にこの言葉を記した色紙を渡したとのこと。

IMG_1956.JPG

ハローインの10月は、自分の誕生月でもあります。この10月、光栄にもCIVIT(:心臓血管治療の学会)より”永久認定医”の称号も頂戴しました。
また一つ歳を重ね、「万里一空」この言葉をしっかりと胸に刻んで進んでいきたい。

スタッフが家で採れたというカボチャを頂きました。大好物です!!

[カテゴリ:日記]  [全記事一覧]