小児科/呼吸器科/土曜・日曜診療/健康診断 宮城県名取市の「時計台クリニック」

文字の大きさを調節できます

  • 小
  • 中
  • 大

医療法人社団 近江医院

メインメニュー

ホーム › 院長時事通信

「黒帯」を求めて

先週は亀田の試合で沸きました?

僕はちょうどその日、診療が長引いてしまって観戦出来ず、 なので試合についての論評は省きます。 しかしメディア・マスコミ各社の取り上げ方をみると、処分がどうのとか・・・(いろんな意味で)かなりの反響だったようで・・

さて僕の少年時代を思い起こしてみると、格闘家と言えば「猪木」。
その「猪木」が引退の頃より度々話す以下の文言。

この道を行けばどうなるものか
危ぶむなかれ
危ぶめば道はなし
踏み出せばその一足が道となり
その一足が道となる
迷わず行けよ
行けばわかるさ

引用・出典は諸説あるようですが、これらの言葉に励まされ、背中を押されて頑張った方もかなり多いのでは・・

そして、中達也先生主演の映画「黒帯」・・・いよいよ全国ロードショー開始です!

繰り出される完成された技の数々も圧巻ながら、時代の波に翻弄されながらも真の強さを求め、「黒帯」を手に入れるため、己が信じる道を突き進む様は、今の世に確実に通じるものがあると思います・・

闘いは「本物の自分」に会うための旅、と。

子供の数が減少していく昨今ですが、空手人口は増加の一途。しかし、たとえ何の武道をやっていなくとも、「気持の持ち方」で、生活の中で真の”黒帯”を手にすることが出来るのではないでしょうか・・

JKA News (日本空手協会)の今月号に「地限り 場限り」という言葉が掲載されています。
「今日、ただ今、ここに一生懸命になる」と・・・