小児科/呼吸器科/土曜・日曜診療/健康診断 宮城県名取市の「時計台クリニック」

文字の大きさを調節できます

  • 小
  • 中
  • 大

医療法人社団 近江医院

メインメニュー

ホーム › 院長時事通信

2019空の日に

待ちに待った2019空の日 「仙台空港祭」

一日空港大使を務めた二人は将来パイロットになる夢を胸に、
凛々しく、普段は立入ることのできない管制塔内へ。

離発着する飛行機に、正確に指示を出す管制官のお仕事を間近にみたり、
空港長の椅子に座らせてもらったり・・・

いろいろなタイプの飛行機のお話に瞳を輝かせて聞き入っていました!

宇宙の風に乗れ、大空に夢をかけ、世界に羽ばたけ
「岩沼航空少年団」・・・1990年5月に結成

全国13航空少年団の北日本ブロックに所属です。

宮城県内の子どもたちが航空・宇宙の分野について学び、
団体生活を通して心身を鍛えることで、
社会の各分野における有為な人材を育成することを掲げています。

航空教室や地域の清掃ボランティア活動、
植樹、芋煮会、餅つきなど・・・

空港がある地域ならではの特性をふんだんに活かしながら、
夢を描き人間力を磨きます。

一日、楽しく貴重な経験をさせて頂いた齋東一副団長さんをはじめ航空団の皆さま、
本当に有難うございました。心より感謝いたします、
これからも宜しくお願いいたします!!

秋晴れ

秋を告げるキンモクセイの香り漂う季節に、
楽天は3位でクライマックスシリーズの出場権を獲得、
仙台の、いや東北の野球はまだまだ熱い!

さて先日は澄みきった秋晴れの下、必死に白球を追い続けた一日、
制球難だった昨年の雪辱に燃えて
下半身強化と日々の投げ込みを重ね、
楽天のユニフォームに身を包んで気分は最高潮へ。

この日が来るのが待ち遠しかった。

2番手で登板、最初は明らかに緊張気味、
しかし、ストライクと(三振)バッターアウトのコールが響くたびに、
いつもの強気が戻ってきて・・・

上級生、先輩たちの守備に助けられ、
何とか中継ぎ2回を投げきりました(親子で拍手)。

最終回、相手チームを一打サヨナラまで追いつめましたが、
惜しくも決勝トーナメント進出には届かず敗退。

でも皆、ほんとに頑張りました。

来年はチームの中心選手になることを目指して、
これから走り込みの日々です。

真っ暗になるまで練習して、
頑張った夜は大好きなハンバーグのご馳走が待ってます!!