小児科/呼吸器科/土曜・日曜診療/健康診断 宮城県名取市の「時計台クリニック」

文字の大きさを調節できます

  • 小
  • 中
  • 大

医療法人社団 近江医院

メインメニュー

ホーム › 院長時事通信

「癒される場所」と「カラーセラピー」

暑かった夏が終わりますね・・どちらか行かれましたか?

僕の方は束の間の休み、伊豆に海上花火を観に行ってきました。
-「海・花火・自然 」- 3つが揃う伊豆は大のお気に入りです。

皆さんにも何となくフラっと訪れてしまう「癒される場所」「居心地の良い場所」ってありませんか?

そういえば「カラーセラピー」という言葉も、最近けっこう聞かれるようになりました・・

「赤」は情熱・強い生命力、「黄色」は太陽の光に似て希望・活力源、「青」は海の色、感情より理性・冷静沈着、「緑」は青と黄が混合した色で平和・調和・バランスにより穏やかさをイメージさせると言われます・・

言語が違う人種を越えて、色のイメージは世界共通とも言われていますね・・

さて、我がクリニックのイメージカラーは、和みの色「緑」です。緑にはストレスを解消する作用があると言われています。

人の体内にはNK(ナチュラルキラー)細胞というのがあって、例えば多少ウイルスなどが体に入ってきても、この細胞が働いて病気には罹りません。しかし、ストレスが多いとNK細胞の数が減って免疫力が低下し、病気に罹りやすくなるというわけです。

「緑」にはNK細胞を活性化させる働きがあります。だから、「緑」は免疫力低下の予防に良いということになりますね・・

問診票の、お身体で気になる点は、の項目で「ストレス」に丸をつける方がとても多いのは、「緑の空間」に「癒し」も一緒に求めているのかもしれませんね・・

そういえば前職場で一緒に仕事していた後輩のS田君は、休暇を取ると宮城からわざわざ神奈川のS南K倉病院の待合室に行ってました・・「和む」とかの理由で(笑)