小児科/呼吸器科/土曜・日曜診療/健康診断 宮城県名取市の「時計台クリニック」

文字の大きさを調節できます

  • 小
  • 中
  • 大

医療法人社団 近江医院

メインメニュー

ホーム › 院長時事通信

御礼2018

先ほど2018年最後の診療を終えました。

一年間、言葉では表現できないほど沢山お世話になりました。
ここにスタッフ一同、心より御礼を申し上げます。

やはり今年も、励ますべき場面で励まされたり、
一助となるはずがこちらが逆に助けられたりと、
至らない点が多々あったと思います。

そんな中、子ども達の笑顔や兄弟愛、家族愛に度々癒され力をもらいながら、
これに夏の甲子園、金農旋風・雑草魂を重ね合わせて、何とか気持ちを強く持って
日々進むことが出来ました。

今年、何度も繰り返し聴いた曲、こちらも秋田出身、
高橋優さんの「明日はきっといい日になる」
♪降られて踏まれて地は固まる そこに陽がさせば虹が出る♪

2018年が終わると
文字どおり2019年は新しい時代の到来です。

皆様にとりまして一歩でも夢に近づく、
光降り注ぐ開幕年となりますようお祈りを申し上げます。


頂への切符

クリスマス目前、

9年ぶりの静岡、

今年最終決戦は千数百人が出場となった清水カップ2018(静岡市北部体育館)。

裏全少(全日本少年少女選手権)と言われるほど、強豪が集うレベル激高の大会。
先日の日本武道館で宮原選手からパワーをもらった二人は優勝に一歩届かず「銅と銅」、しかし、
来年の頂への挑戦権は手にしました。 

それにしても静岡・・・
気候温暖、人が優しい、食べ物旨い、富士山が神秘的で凄すぎ、言うこと無し!

家康公の国宝:久能山東照宮で勝守りを買い、この冬のレベルアップを誓いました。

家康公曰「人の一生は重い荷物を背負って遠い道を行くことに似ている 急いではならない」
焦らずに研鑽を積み、もっともっと強くなって、戻って来ましょう!!

絆~Victory Road

日本空手界の最高峰、第46回全日本空手道選手権大会(日本武道館)が今年も盛大に開催されました。
喜友名諒選手男子形7連覇、清水希容選手女子形6連覇、植草歩選手女子組手4連覇など、
日本一の技を目に焼き付けたその先に、子ども達3人(小5、小3、小3)の夢はどう描かれたのでしょうか?

  

そんな中、先日の世界選手権女子組手(-50㎏級)で頂点に立ち、
今、2020東京五輪空手の金メダル最有力候補、宮原美穂選手がわざわざ来てくれました!

「笑顔を忘れずに前を向いて頑張って」のメッセージ。

 

感動以外、何もありません。
子ども達にとってこの上ない幸せの瞬間を本当に有難うございます!

宮原選手のインスタには
「出会いって素晴らしい  色んな人に出会えて  たくさん成長できて  
みんなに感謝です  空手やってきてよかった」とあります。

宮原選手はきっと仲間、ライバル、先生方、そして
応援してくれる全ての人達に常に感謝の気持ちを忘れない方で、
だからこんなにも強いのだと思いました。

さて、今年も残すところラスト一戦。

辛い時や不調の時に、
「今がピークじゃなくて良い・・」といつも励ましてくれるI家から頂いた名前入りのタオル。

 

たくさん練習して使いまくり、いざ、Victory Roadへ!!