小児科/呼吸器科/土曜・日曜診療/健康診断 宮城県名取市の「時計台クリニック」

文字の大きさを調節できます

  • 小
  • 中
  • 大

医療法人社団 近江医院

メインメニュー

ホーム › 院長時事通信

院長時事通信

決戦

いよいよ今年も夢舞台が迫る、
ここに立つために、
ここで勝つために、
全てはこの日のために。

雨の日も、風の日も、雪の日も・・・
暑さにも負けず、倒れそうになっても、吐いても、血が滲んでも・・・
足を引きずりながら、何度も泣いて、それでも前へ、前へ。

   

先生方、家族が、そして一緒にやってきた仲間達がいる。

  

平常心をどれだけ維持できるかが勝負の鍵、
ここまで来たら信じるのみ、
最後に勝って笑え、皆がんばれ!!

[カテゴリ:日記]  [全記事一覧]


教え

ワールドカップサッカー日本代表
ベスト16、大善戦での終戦でした。

彼らの戦い方には
空手界に生きる我々にも通ずる
確固たる理念がありました。

まずは本田選手
「勝負を決めるのは準備。なかでも気持ちの準備以上のものはない」
「諦めなければ、どんな状況でも好転あり得る」
「挫折は過程、最後に成功すれば挫折は過程に変わる。
だから成功するまで諦めない」

次に大迫選手
「バランスと軸によって激しく当たられても倒れない体が、
次のプレーのキレを生み出す。
その倒れない体は倒れない心が作り上げている」

そして長友選手
「体は心で動いている。自分の能力を引き出すのがメンタルだ」

この教えを胸に8月の最大決戦に挑む。
かけがえのない仲間たちと飛んだ岐阜
得た自信と見えた夢
帰りの飛行機から目に焼き付けた富士山

  

小学生空手日本一へ
夢叶うかはメンタル次第!
強く勝ちたいと思う方が・・・きっと勝つ!!

[カテゴリ:日記]  [全記事一覧]


努力の正解

先日は真夏の全少を彷彿させる東京都全少予選(東京武道館)でした。

各学年小1~小6男子組手の参加人数は、73、129、169、174、196、150人。

勝っても、勝っても掴めない夢切符、辿り着けない夢舞台。

「東京を制するもの・・・」

 

そんな中、小学3年男子は、

努力の人、昨年の全空松男子チャンピオン、

T君(K道場)の技が切れ、冴え渡り、勝ち上がる。

しかし・・・まさかの・・・ベスト8敗退。

眼の前でつきつけられる厳しい現実。

 

努力は人を裏切るのか?

 

羽生結弦選手が言った。

「努力はウソをつく、でも無駄にはならない。

努力がウソをつかないなら、1番練習している人が毎回、毎回、優勝できる。

オリンピックでさえ、どんなに努力しても勝てない時は勝てない。

そういう意味で努力はウソをつく。

ウソをつかれるからこそ、もっと違う努力をしなければならない、

つまり努力の正解っていうものを見つけることが大切」だと。

 

確かに、努力をしたとしても、そのまま結果が現れることは意外に少なく、

成果は遅れて実現することの方が多いかもしれません。

 

大切なのは結果が出ない時に努力をやめないこと。

努力を続ければ、羽生選手の言う「努力の正解」にきっと近づけるはずです。

 

頑張れT君!

そして皆で、努力の正解を見つけるため、挑み続けましょう!!

[カテゴリ:日記]  [全記事一覧]


夢切符

全少(全日本少年少女空手道選手権)宮城県予選、終わりました。

 

日々鍛練を重ね、血が滲むほど練習をしたもの同士、

「勝負は時の運」

こんなにもこの言葉が当てはまる場面はないでしょう。

 

僅差・・・どちらも勝者、

懸命に指導してくれた先生方、

支えてくれた仲間達、親、

そして何よりライバルがいたから、

感謝、感謝、感謝・・・

 

勝って泣き、

負けて泣く、

敗者は勝者を、

勝者は敗者を讃える、

 

人間は誰しも今を省略して未来を語れません。

今を見つめ、今に感謝し、未来へ挑む、

 

掴んだ夢切符、選ばれし者、頂点へ!

 

体当たりで扉をこじ開けた少年拳士たち、

日本一へ突きぬけろ!!

[カテゴリ:日記]  [全記事一覧]


春、桜・・・そして

春満開、
今年は中田中央公園からの桜、

  

いくつ桜が咲くか、
咲き誇るのか、
すべてはこの日のために。

K先生が言う
「練習でたくさん泣いた人は最後にいっぱい笑え!」

吉田松陰の教え
「 夢なき者に 理想なし
理想なき者に 計画なし
計画なき者に 実行なし
実行なき者に 成功なし
故に 夢なき者に成功なし 」

夢を実現するための舞台が整いました。
決戦の時、いよいよです!!

[カテゴリ:日記]  [全記事一覧]


女川

いよいよ子ども達の新年度が始まりました。

どこもかしこもクリクリ瞳が輝いています。

 

先日は家族で、千年に一度のまちづくりに取り組む町、

女川に行って来ました。

 

大震災から7年が経過、

女川駅から続くレンガの道は絆の道、癒しの道。

いつの間に出来たのでしょうか?

「地元市場ハマテラス」には笑顔と活気ある声が響き、

旬の海産物で溢れています。

復興が少しずつ進んでいることを確信させてくれました。

 

ハマテラスの一角・・・

「ダンボルギーニあります」の垂れ幕に誘われ店に入ってびっくりです。

 

あの誰もが憧れるスーパーカー・ランボルギーニが実物大で・・・

素材はすべて強化ダンボール、

仕事の合間に今野梱包(株)の有志の方々がつくったとのこと。

復興への熱き思いを乗せたダンボルギーニ、

その鍵「夢の扉を開けるキー」のキーホルダーをゲットした後に、コバルトラインへ向かいました。

 

息を呑む、どこまでも続く青空と紺碧の海が繋がる水平線をみて誓います。

平成30年度もやれるだけ、やるしかないですっ!!

[カテゴリ:日記]  [全記事一覧]


「宝島」

「映画ドラえもん のび太の宝島」子どもたちと行ってきました。
 
ヤバイです・・・
子ども向け映画と軽く考えていた自分を反省です。
本格ストーリー、爆発的人気、先週末にその座を譲ったものの
観客動員数3週連続で首位だったのも頷けます。

脚本はあの「君の名は。」の川村元気氏。

果てしなく続く水平線に青い空と海、白い雲、赤い花と緑が眩しい描写、
速い展開、星野源さんの挿入歌と主題歌がこれまた効果的!

大人だけで観に来ている人も多数います。

勇気、友情~友情~友情、勇気の連鎖、
失われかけた親子の絆を取り戻すため命懸け・・・

夢を諦めない気持ち、
その人にとって本当の宝とは?
親にとっての宝物とは?
子供にとって宝物とは?

空を見上げ想像したとき、かつて子供だった大人(親)は、
未来を子に託すしかないことに気づくのでしょう。

「見つけたのは、宝物以上の、宝物。」

忙しい日々の中で、大人たちが忘れてしまった大切な何かを、
きっと思い出させてくれる様な映画だと思います。
感動して泣きたい人・・・お薦めです。

P.S.
3月末で「IRON DINER」休業です。
名前を変えて5月頃にリニューアルオープンとのこと。
Tさんはじめスタッフの皆様、本当にお世話になりました。
再会できる日を楽しみにしています!
 

[カテゴリ:日記]  [全記事一覧]


選抜2018

2018年シーズン開幕を告げる、
第8回選抜少年少女空手道大会が東京武道館で盛大に開催されました。

   

北海道、千葉、愛知、大阪、兵庫、福岡、宮崎・・・強豪が続々と集結、
毎年レベルが上がるこの大会、
結果を出し続けること、勝ち続けることは本当に難しいはず。
しかし終わってみれば、やはり、一友会道場の強さと選手層の厚さが際立っていました。

「栄光への執念!」

強い気持ち、豊富でかつ洗練された練習、そして…九州への遠征…
野口名誉会長から貴重なお話を頂戴し、一友会の強さの極意を少しだけ垣間見ることが出来ました。

気づきと学びが非常に多いこの大会、
一友会の野口名誉会長、小原会長はじめ各先生方、各関係者の皆様、
朝早くから夜遅くまで素晴らしい経験をさせて頂き本当に有難うございました。

「宜しく先ず一事より 一日より始むべし」吉田松陰
~まずは一つのことに集中し、思いついたその日から行動すべきである~
という意味だそうです。

来年またこの舞台に帰ってきます。挑戦させて下さい!

[カテゴリ:日記]  [全記事一覧]


沖縄へ~謹賀新年2018

初春のお慶びを申し上げます。

久しぶりに光眩しい年明けを迎えました。

医療法人イルソーレ(=太陽)語源となり、

今や伝説の名店となった「カサラティーダ(=太陽)」の閉店から1年余り、

変わらない笑顔の昇かおるオーナー、ひかる店長そして大城料理長提供

「WineバルCasaスエヨシ」

那覇市首里に場所と店名を変えて復活、新伝説の始まりです!

賑わう店内、癒しの異次元空間と絶品の欧風料理・・・皆、この日を待っていました

そしてこの日のために頑張ってきました。

 

2年ぶりの沖縄

知念岬で太陽を浴び、世界遺産でパワーを充電、新原ビーチの遠浅の海で和む・・・

進撃の年への準備は整いました

皆様方の健康のお役に立てるよう頑張ります。

2018年が笑顔溢れる一年となりますよう、心より祈念申し上げます。

[カテゴリ:日記]  [全記事一覧]


感謝 2017 リボン

春夏秋冬、季節は廻り先ほど今年最後の診療を終えました。

いろいろありました・・・やはり・・・至らない点が多々ありご迷惑をおかけしました。

それでも小児科、呼吸器科、腎臓内科の各専門医師の力をお借りして、そして何より、

子ども達の笑顔や兄弟愛に癒され、助けられ、励まされてここまで来ることができました。

年末に向かうにつれ深刻なインフルエンザワクチン不足のニュースに包まれました。

しかし、当クリニックに関しては「絆」、「和」と「和」の連鎖が大きな力となり、

12月27日(水)現在で前年を大きく上回る史上最多のワクチン接種数を提供できましたこと、

ホッと胸を撫で下ろしているところです。

 

さて、今年最後までテーマとなった絆、感謝、夢、希望そして勇気、

その全てがちりばめられた2017年My best Songは、これをおいて他にはありません。

 

BUMP OF CHICKEN  -リボン‐

「🎶 嵐の中を ここまで来たんだ

泣いたり怒ったり笑ったりの全部で

嵐の中を ここまで来たんだ

出会って生まれた光 追いかけて

嵐の中をどこまでも行くんだ

赤い星並べてどこまでも行くんだ ♫」

 

彼ら20周年の集大成として2月に制作され、21年目の5月1日より配信開始、

これでもか、大丈夫かというくらい・・・聴きました・・・・・

日々支えてくれる人を思い、感謝しながら、未来はどうなるか誰にも分らないけれど、

絆を胸に前進すればきっと道が拓ける、そんな言葉で優しくかつ強く応援されている様な一曲です。

 

BUMP.21年目に我ら開院11年目を強引に結び付けつつ、

ひとつ間違いなく言える~同じ時代を生きている~ということ。

 

「僕らを結ぶリボンは解けないわけじゃない 結んできたんだ♫」が心に響きすぎるフレーズに乾杯です!!

 

本当に今年もお世話になりました。

もうすぐ始まる2018年が皆様に幸多き一年となりますよう、心よりお祈り申し上げます。

[カテゴリ:日記]  [全記事一覧]