小児科/呼吸器科/土曜・日曜診療/健康診断 宮城県名取市の「時計台クリニック」

文字の大きさを調節できます

  • 小
  • 中
  • 大

医療法人社団 近江医院

メインメニュー

ホーム › 院長時事通信

院長時事通信

感動の再出発

全少空手での敗戦、
モヤモヤ感がまだ残る中、やはり物事には区切りが必要、
全少出場のお祝いで名古屋・レゴランドに仲間集結予定のところ、
子どもたちが通う道場長から思いがけず祝砲が、
「せっかく名古屋まで行くなら、もう一足伸ばして強豪道場に寄らせてもらったら・・・」と。

舞い込んだ岐阜での夢練習(道場長に大感謝)!
和道会美濃道場といえば全国トップクラスの選手がゴロゴロ、うようよ!!

まずは雲一つない晴天下、
初のレゴランドを遊び倒して満喫しました。

そしていよいよ天下統一の心意気、信長の岐阜へ。
真にカリスマ、オーラが違う山口先生に熱く迎えて頂き、
2日間、挨拶と会話代わりの拳と拳、蹴りと蹴りの交換会で、ハイレベルかつ濃密な、まさに珠玉の時間を過ごすことが出来ました。

来年へ皆の思いはただ一つ・・・頂点へ。
再出発にこれ以上ない舞台を頂戴しました。

それにしても、練習前・後の送迎から最後はお土産まで、
山口先生御夫妻をはじめ、岐阜の皆様の暖かいお人柄に触れることができたこと、
いくら感謝してもしきれません。

胸一杯です。本当に有難うございました。

仲間一同、もっと強くなります。そしてまた是非、挑戦させて下さい!

[カテゴリ:日記]  [全記事一覧]


全少終わる

2017年夏、小学生空手の最大決戦・全少(東京武道館)終わりました。

勝ちと負けの両方を経験した子ども達でした。

目の前では大阪勢が「この展開から逆転するっ?」のドラマ連発、
とにかく勝ちに結びつけていく驚愕の進撃が続いていきました。
勝負事の慣わし、
   強い者が勝つ・・・No
   勝った者が強い・・・Yes

この言葉を再認識させられた一日。

実力だけでは勝ち上がれないと言われるこの大舞台、
勝つために不可欠な目に見えない不思議な力、
それはどこから来るのか、どうやって身につけるのか?

コーチ陣や親御さんからの魔法の言葉か、
戦略なのか、
あるいは本人の絶対勝ちたいという強い気持ちなのか?

きっと来年まで答え探しの旅が続くことでしょう。

大阪・矢倉先生曰く、
「空手は一瞬々々の反応と判断の連続、あーせい、こーせいと言うのは好きじゃない、
心で感じて頭で考えて自分から強くなれ・・・」と。

来年へ、そして未来へ、
素晴らしい仲間達と「一度も負けない夏」へ再挑戦です!!

[カテゴリ:日記]  [全記事一覧]


決戦前・・・鬼ヶ島へ

勝つために、
他のことは考えず、
ひたすら勝つことのみを目指し、
子どもたちは夢を翼に乗せて初の大阪遠征。

初日:浪速中学・高校、
2日目:矢倉道場、
「これから日本一になるための練習をする」、
「人の話を耳で聞くな、心で聞け!」
矢倉先生の檄が飛ぶ、竹刀がうねる。
聞きしに勝る凄まじさ!

子どもたちは明日の勝利を信じ一心不乱に撃ち込む、また撃ち込む、
延々と撃ち込む・・・鬼、鬼、鬼練・・・
気温35度、那覇を上回る酷暑。

選ばれし者のみに与えられた夢舞台、
真夏の頂上決戦までいよいよ今年もカウントダウン。

精鋭コーチ陣と子ども達、
流した大量の汗と涙、全てはこのために。
光の種は必ず花開き輝く!!

[カテゴリ:日記]  [全記事一覧]


京都へ

先日は学会で真夏の京都へ。

どの切り口からでも魅力溢れる京の街ですが、
美味しいお米と水に恵まれ酒蔵が多いことでも知られています。

久々ということで帰路、
俳優・佐々木蔵之介さんのご実家、佐々木酒蔵さんに立ち寄りました。
今年で創業124年、京都市上京区ではただ一軒の酒蔵だそうで、
店先の杉玉が迎えてくれます。

お兄さんが建築家となり、
大学の農学部で酒米を学んだ次男の蔵之介さんが家業をやると思われていましたが、
俳優になるため別世界へ。
そこで急遽、三男の晃さんがご実家を継ぐことになったとか。

さて夏と言えばビールが定番ですが・・・
京都の猛暑にはもうひとつ、冷酒がお勧めだそうです。

今回、「平安四神」の赤と青をゲット出来ました! 

瓶には遠い昔に平安京を守ってきたとされる四神(玄武、朱雀、青龍、白虎)がモチーフされ、
かつて千利休が茶の湯で使ったとされる銀明水と同じ水脈の水を利用しているとのこと。
とても縁起が良い感じがしました。
夏の奇跡を起きる予感です!

そして、ノンアル派にも「すっきり旨い」が売りの「白い銀明水」があります。

京都市バスで智恵光院バス停から徒歩すぐ(二条城からは徒歩15分)、
機会があったら是非!!

[カテゴリ:日記]  [全記事一覧]


誕生!

2017年7月猛暑 、
セキレイの雛が遂に生まれました!

妻の第一報、たまご発見から2週間ほど、
子ども達が「何か巣の中でフワフワしたのが動いてる」と。

驚かせないようにそっと交代で覗きこむと、
確かにいました。
待望の・・・口を全力で開けた雛が2羽(以上)?動いています!

地上、いや地面スレスレとも言える高さにある巣です。
親鳥がいつどのタイミングでエサを運ぶのかは想像もつきませんが、
何とか外敵から逃れ無事に育ってもらいたいです。

セキレイの訪れは我が家にとって大きな喜び。

雛が成長して羽ばたくその日まで緊張の日が続きます・・・

[カテゴリ:日記]  [全記事一覧]


セキレイ来る!

数日前に妻が「庭に鳥が巣を作ってるの知ってる?」と。
言われてみれば最近、朝方にちょっとオシャレで爽やかな感じの鳥を
目にするようになったと感じていました。

巣を確認しに行くと、玄関すぐ前、地上10㎝程の高さ、
植えた花や草にうまく隠された格好で楕円形の籠の様な巣を発見・・・
卵は5個!

覗きこんでいる時間が長いと、頭上・後方から「ピピピッ」と
親(と思われる)鳥の声、警告されている様です・・・

何の鳥かネットで調べていた妻が「ハクセキレイじゃない?」

セキレイの訪れには各地で言い伝えがあるようです。

その殆どが「喜びあり」「健康の兆し」「子福者になる」「幸福の使者」などの良い知らせ。
伊達政宗も花押にセキレイを愛用していたとのこと。

吉兆かどうかは別として、
何はともあれ外敵から逃れて雛にかえり、無事に巣立っていくことを願うばかりです。

人間や車の気配で巣から親鳥が飛び出して来てしまうため、
できる限り卵を温めるのを邪魔したり驚かせたりしないように、
家族みんな、家の出入りはそっとそ~っと・・・緊張の日が続きます(汗)!

[カテゴリ:日記]  [全記事一覧]


感謝の10周年

2017年5月7日、開院10周年を迎えました。

沢山の方々に支えられ、応援して頂き、
日々の診療で繰り広げられる親子愛や兄弟愛に励まされながら、
何とかここまで来ることが出来ました。

2007年5月、イオンモール名取内にエアリ内科を開院、
2010年5月に時計台クリニックと改称し現在地に移転、
その後1年も経たないうちに大震災で被災。
誰もが苦しい時に言葉では表現できない程、多大なるご厚情を賜りました。
「人は人に支えられて生きている」幾度となくこの言葉で胸を熱くし、
また、この時に体感した人間の持つ底力と苦難を乗り越えるべく団結した絆の素晴らしさは、
日々の生活を支える宝となりました。

この10年、土・日を軸にした診療を行い地域医療への貢献を目指す一方で、
途中からは空手道を通した健康増進にも力を注いでいます。
皆様に頂戴した署名が巨大な力となり、
2020年東京オリンピックに空手の採用が決定したことはこの上ない喜びです。

支えられ、支えられて、また支えられての10年、

これからも至らないところが多々あるかと思います。
しかし今までもそしてここからの未来も、常に感謝の念を忘れず、
皆様の健康に少しでもお役に立てるよう努力を重ねて参る所存です。

変わらぬご愛顧の程をどうぞ宜しくお願い致します。

2017年5月7日 医療法人イルソーレ 時計台クリニック 佐々木英彦

[カテゴリ:日記]  [全記事一覧]


一友会祝賀会

平成29年度が開幕した4月1日、
全日本空手道一友会 創立40周年・新会長就任祝賀会(グランドプリンス新高輪ホテル)が
空前のスケールで開催されました。

参加者は約1000名、会場となった飛天の大広間が人、人また人で溢れかえりました。
これもひとえに前会長でこの度、名誉会長となられた
野口正行先生の人望の厚さの現れと感じました。

新会長となられた小原前本部長への引継ぎの巻物に記される
「一心以交萬友 二心以否交一友」

 

(一つの心を以て接すれば萬友を得 二つの心を以て接すれば一友も得ない)の意。

野口先生のこれまでの「心」は、これからも末永く引き継がれていくことでしょう。

先日の彩の国杯全中選抜空手道大会:中2女子個人組手で優勝した米盛選手が花を添え、
一友会出身、2020東京オリンピック女子個人組手日本代表の有力候補で
我々イルソーレ全力応援の山田沙羅選手が会場にかけつける。

指導員の絆の強さこそが、超ハイレベルの選手を輩出し続ける組織の真髄に違いありません。

創立40周年・新会長のご就任、誠におめでとうございます。
今後の益々のご発展を心よりお祈り申し上げます。

 

[カテゴリ:日記]  [全記事一覧]


春☆選抜

大震災から6年、未だ各地、各分野で復興途上の中、
子ども達が存分に空手ができる環境にある今日に感謝しなければなりません。

先日は小学生の聖地 東京武道館で全国選抜少年少女空手道大会が開催されました。

昨年夏の全少大会後に、寝る間も惜しんで遊び倒したディズニーランド&シーから半年が経過、
一回り成長した子ども達は住む家は違えど心は一つ、
あの日と同じTシャツを着て東京スカイツリーに集結、てっぺん目指し健闘を誓い合いました。

結果:1位、2位、3位、5位・・・

明けても暮れても空手に没頭の日々、東京の晴舞台にあっても結果は自ずとついてきます。

「努力は人を裏切らない」
この言葉に支えられ熱意溢れる先生方を信じて突き進む日々、

一人メダルを逃した5位の男子は、
「人が練習している時は練習する、人が練習してない時も練習する」、
このスタンスで来る夏の全少にリベンジを誓いました!

練習で今日も泣いて、明日も泣いて、明後日も泣いて・・・
そして・・・試合に勝って笑いましょう!

素晴らしい舞台を与えて下さった野口先生、五十嵐先生をはじめ一友会の皆様に心より感謝いたします。

[カテゴリ:日記]  [全記事一覧]


ウイングカップ17

毎年恒例、空手シーズン開幕を告げる春の風物詩、
全国選抜道場対抗空手ウイングカップ17が、
千葉県流山市(新築されたばかりのキッコーマンアリーナ)で開催されました。

種目は各学年団体戦のみ、各ブロック総当たり制で上位2チームが決勝トーナメントに出場します。

今年も関東を中心に強豪チームが勢揃い、ハイレベルの試合が繰り広げられました。
我等、宮城チームは石巻から新たに精鋭2名を迎え中学生枠に出場、
大会前夜には雷神パワー宜しく浅草・雷門で験担ぎ、東京スカイツリー近く、焼肉屋さんで出陣式を!

結果は・・・
静岡の優勝候補、泊親会清水道場に先行するも逆転を許し、
予選リーグ2勝2敗、惜しくも・・・あと1ポイント及ばずの終戦。

耐え難い悔しさが当然あります。
悲しんでも時間は戻りません。
それでも皆、間違いなくこの夢舞台で輝いていました。

負けても本当に学ぶことの多い一日でした。

指導してくれた先生方、全力で応援してくれた親御さん、かけがえのない仲間達、
この日に燃やした熱き思いと感謝の念は、次なるステージへと続いていきます。

新しい朝がまたやって来ます。
未来へ・・・はばたけ栄光の拳士達!

[カテゴリ:日記]  [全記事一覧]