小児科/呼吸器科/土曜・日曜診療/健康診断 宮城県名取市の「時計台クリニック」

文字の大きさを調節できます

  • 小
  • 中
  • 大

医療法人社団 近江医院

メインメニュー

ホーム院長時事通信 › 空手 関ヶ原

院長時事通信

空手 関ヶ原

通算4度目となった岐阜、
前日の400人での練習会を経て、

いざ決戦の2019空手 関ヶ原(岐阜県関ヶ原町民体育館)へ。

関ヶ原・・・天下分け目と人は呼ぶ、
夏の全少(:全日本少年少女空手道選手権大会)の前哨戦。

緊張感みなぎる団体戦のみの大会。
意地と意地、魂と魂がぶつかり合い、華麗かつ強力な技を極め合う。

西軍は大阪・浪速中Aチームを筆頭に全少優勝者などで構成されるドリームチーム、
東軍は日本最高峰道場(今年も全少に50名出場)、一友会メンバーを中心に宮城から3名が参戦、
地元、岐阜県選抜チーム(全少優勝者、入賞者などゾロゾロ)が迎え撃つ凄まじい構図、
どの試合もそのまま全少、全中の準決、決勝にスライドさせても全く遜色のない、
ハイレベルな大激戦が展開されました。

こんなにも素晴らしい、何ものにも代えがたい、珠玉の舞台を経験させて頂いた、
一友会の野口先生を始め各先生方、皆さま、早くから準備に奔走して下さったスタッフの方、
そして日頃、子どもたちを指導して下さっている先生方や仲間達、
親御さん達に本当に心から感謝、感謝・・・感謝です。

つい先日、日本初のNBA一巡目指名となり日本中を湧かせた
八村塁選手を育てた明成高校バスケ部の佐藤監督は、
「実るほど頭(こうべ)を垂れる稲穂かな」
常に謙虚に、感謝の気持ちを忘れずに人間的に大きくなってほしい、と伝え続けたようです。

今回、関ヶ原に集まり、出会った、かけがえのない大勢の仲間かつライバル達、
本戦(全少)まであと40数日。

煌きの舞台で、最高の色のメダルを手に出来るようにお互い頑張りましょう!
道が無ければ作れば良い、やるしかないっ!!

[カテゴリ:日記]  [全記事一覧]