小児科/呼吸器科/土曜・日曜診療/健康診断 宮城県名取市の「時計台クリニック」

文字の大きさを調節できます

  • 小
  • 中
  • 大

医療法人社団 近江医院

メインメニュー

ホーム院長時事通信 › 栄冠

院長時事通信

栄冠

先週末、行われたインターハイ空手 宮城県予選(仙台市)。

男子個人組手ベスト4には東北工大高3人(出町・佐々木・石野)、中新田高1人(村田)が残り・・
あと1勝でインターハイ出場、会場の熱気は最高潮へ!

blog090612.jpg「左:村田、右:出町」

そして・・・ベスト4を勝ち上がったのは出町・佐々木(ともに工大高)

~(祝)代表切符~

迎えた決勝を制して出町恭太郎-頂点へ。

彼の組手は 華麗な技とスピード、卓越した間合いの出し入れ、終わってみれば危なげのない、真に強い優勝でした。本来、ベスト4まで来れば誰が代表を射止めても、おかしくないレベルの筈。その中で初戦から優勝まで圧勝の感が強かったのは、その勝運を呼び込む彼の集中力・洞察力・忍耐力・判断力が相当に優れていたからなのでしょう・・・

これには想像を絶する日々の練習・努力による自信の裏打ちがあったはず・・

男子団体戦も東北工大高が連覇で、個人・団体のダブル出場を決めました。インターハイでも是非、勝ち抜いて下さい!打倒、世田谷学園ですね。

さて客席、一緒に観ていた協会大崎のS先生から「(石野)諒と(村田)匠の仙北決勝戦も観てみたかったな~」確かに、こんな声も多かったです。

今年も それぞれの思いを胸に宮城県総体、高校拳児の暑い夏が終りを告げました。

[カテゴリ:日記]  [全記事一覧]