小児科/呼吸器科/土曜・日曜診療/健康診断 宮城県名取市の「時計台クリニック」

文字の大きさを調節できます

  • 小
  • 中
  • 大

医療法人社団 近江医院

メインメニュー

アレルギー科

小児喘息小児喘息

喘息患者の気道粘膜は浮腫(むくみ)や分泌物の増加により荒れた状態になっています。こうした状態に風邪などの感染、ダニやハウスダスト(ダニが含まれています)、動物のフケ、カビなどのアレルゲンの吸入、タバコや線香の煙、運動、ストレス、冷たい空気などの刺激が加わると、喘息発作が起きてしまいます。典型的症状は反復する咳(いったん出るとなかなか治まらない)、喘鳴を伴った咳および呼吸困難であり、夜間や早朝に出現しやすいという特徴があります。非喘息患者では反応しないようなわずかな刺激でも、気道が慢性的に荒れている場合は反応してしまいます(気道過敏性の亢進)。

小児喘息の発症は3歳まで70%、5歳までが90%を占めます。乳幼児期あるいは学童期に適切な治療を受けた場合、小学校入学時あるいは思春期までに喘息が治癒する率が高くなります。しかし、適切な治療を受けずに放置すると、喘息発作を繰り返して難治性の喘息となり、一部は成人喘息に移行します。

乳児喘息の吸入系アレルギー検査では、乳児期前半ではIgE抗体が陰性のことが多く、乳児期後半から幼児期にかけて陽性を示すようになります。しかし、たとえIgE抗体が陰性であっても乳児喘息では、ダニに対するリンパ球の反応性が亢進していることが報告されています。

もちろん吸入系アレルギー検査で陽性だからと言って、必ずしもそれが喘息を引き起こしているとは限りません。しかし、検査で陽性に出た物質は喘息の症状憎悪に関与している可能性が高いとは言えます。
小児喘息

RSウイルスの関与

乳幼児期には上気道感染時などに喘鳴を伴うことがよく見られます。特に、冬に流行するRSウイルス感染症は軽い風邪症状から時に喘鳴や多呼吸などの呼吸困難症状を伴う重症の肺炎に至るまで、実に多彩な病状を呈します。小児科領域において、このRSウイルス感染症は非常に重要な感染症と言えます。しかし、喘息に移行するのはごく一部の症例です。

注意すべきは、「RSウイルスにかかった子どもは喘息になりやすい」という表現です。この表現の通りだとすると、2歳までに、ほぼ全ての子どもたちがRSウイルスに感染すると言われていることから考えると、「子どもはみんな喘息になってしまう」と、いうことになります。

当院では、「喘息になりやすい体質の子どもがRSウイルスに感染して、入院するほどの細気管支炎・肺炎になった場合に、十分に注意をする必要がある」という具合に考えています。

土曜・日曜も診療しています022-398-3353 土曜・日曜も診療しています022-398-3353

診療のご案内

診療時間

時間 月 火 水 木 金 土 日
9:00
|
12:30
● ● ● ● × ● ●
14:30
|
18:00
● × ● ● × ▲ ×

休診日:火曜午後・日曜午後・金曜・祝日
▲土曜日午後は14:00〜16:00
※急患は随時受付

診療カレンダー

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
  • 祝日を除く、土曜・日曜も診療
  • 火曜午後・日曜午後・金曜は休診

診療日
休診日
午前通常診療 / 午後休診
午前通常診療 / 午後14:00〜16:00
診療時間変更あり

院長ご挨拶・医師紹介

院長ご挨拶・医師紹介

2017年5月7日、開院10周年を迎えました。
沢山の方々に支えられ、応援して頂き、日々の診療で繰り広げられる親子愛や兄弟愛に励まされながら、何とかここまで来ることが出来ました。
…続きを見る

院長佐々木英彦のブログ 院長時事通信

クリニック紹介

クリニック紹介

医療法人イルソーレ 時計台クリニック
〒981-1227 宮城県名取市
杜せきのした2丁目 6-7
TEL:022-398-3353
FAX:022-398-3354

イオンモール名取エアリ北向かい
★土曜・日曜診療★

SSL GMOグローバルサインのサイトシール

お客様の個人情報は
SSL暗号化通信によって守ります。

エビペンの処方

当院ではエピペンを処方できます エピペンとは、ピーナッツなどの食物アレルギーや蜂に刺された時などに生じる、アナフィラキシ―ショックに対する緊急補助治療薬です。

たばこと健康被害に関する佐々木院長の記事

たばこと健康被害に関する佐々木院長の記事が河北新報(2016年2月3日)に掲載されました。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)について

「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」についての佐々木院長の記事が広報名取「健康のしおり」(2017年12月1日)に掲載されました。