• お知らせ
  • 初めてご来院の方へ
  • クリニックについて
  • 院長ご挨拶・医師紹介
  • 診療のご案内
  • アクセス
  • よくあるご質問
  • お知らせ
  • 初めてご来院の方へ
  • クリニックについて
  • 院長ご挨拶・医師紹介
  • 診療のご案内
  • アクセス
  • よくあるご質問
ホーム診療のご案内呼吸器内科 › 睡眠時無呼吸外来

呼吸器内科

睡眠時無呼吸外来:SAS睡眠時無呼吸外来:SAS

睡眠中に「10秒以上の呼吸停止が、1時間当たり5回以上みとめる状態」を睡眠時無呼吸症候群:SASといいます。SASの方の多くはいびきをかきます。脳波をみると、いびきをかいているときは睡眠が浅く、体の疲労がとれる状態ではありません。その結果、昼間に眠気、だるさ、集中力の低下などの症状が出ます。また、無呼吸により夜間の酸素不足がひどい場合、不整脈を起こしたり、高血圧や心不全の原因にもなります。
SASの検査

当院では、睡眠中の無呼吸の有無やその重症度を調べるため、アプノモニターという簡易式機器を自宅に貸し出して検査を行っています。

アプノモニター アプノモニター
SASの治療
  • 肥満の解消
    肥満の方は減量だけでも、無呼吸がある程度改善されます。
  • マウスピース
    マウスピースで顎の角度を変えることにより、咽喉が塞がらないようにします。
  • CPAP(経鼻的持続陽圧呼吸療法)
    鼻マスクから気道に圧力を加えた空気を送り込み、気道の閉塞を防ぐ方法です。

pagetop