小児科/呼吸器科/土曜・日曜診療/健康診断 宮城県名取市の「時計台クリニック」

文字の大きさを調節できます

  • 小
  • 中
  • 大

医療法人社団 近江医院

メインメニュー

診療のご案内

TOP > 診療のご案内 > 予防接種

予防接種予防接種(2017年5月現在)

かつてワクチン後進国と言われた日本も「ワクチンで予防できる病気」に対し急速に理解と関心が深まり、今日では積極的にワクチン接種が勧奨されるようになりました。同時に、一部有料だったいくつかのワクチンについても広く公費助成が適用されています。このことは自分自身、子どもを持つ親として非常に喜ばしいことだと感じています。さてそのワクチンですが、1歳(を含む)までに9種類、延べ18回〜19回もの接種が必要となります。この極めて多種・多数回に渡るワクチンを抜けなく受けるために、是非、かかりつけ医を早くみつけて相談しながら進めていきましょう。


ワクチンの同時接種について 当院の見解 (2017年5月現在)

ワクチンの同時接種は必要な時期に早く免疫をつけるという目的を果たすために、とても有効な手段であり日常的に行われています。また我が国では三種混合や二種混合、麻疹・風疹ワクチンなど混合ワクチンが抵抗なく接種されており、これまでワクチンの混合により効果が下げるという報告はありません。この様にワクチンの同時接種や混合することの安全性は確立されています。更にワクチンの同時接種や混合ワクチンには受け手側の手間と時間を短縮できるという利点もあります。


それでは一度に5本、6本など多数本の同時接種はどうなのでしょうか?

安全面で言えば殆ど問題なく接種できるというのが現在の考え方になります。しかしワクチンは言うまでもなく医薬品です。従って、ときに発熱や蕁麻疹、稀にアナフィラキシーなど重篤な副反応を引き起こす可能性があります。また各ワクチンには微量ながら「アルミニウム」「グルタミン酸ナトリウム」「ホルムアルデヒド」など人体に悪影響を与えるかもしれない成分が含まれています。これらの要素に加えて、痛みに対する配慮“が懸案事項に挙げられています。「ワクチン1本と6本で接種時の児の泣き方に大差がなかった」したがって「児の痛みの感じ方は本数によって差がない」と結論づけている報告があります。しかし正直、これには若干の違和感を禁じえません。(お子さんの体調面の把握がまだまだ難しく、基礎疾患有無の情報が不足している)生後数か月という月齢で、一時に多数本の針を刺されることで児の心身に予期せぬ負担が生じてしまうのでは、と心配する親御さんが少なからずいらっしゃるのはある意味当然のことに思えます。

以上の点を鑑み当クリニックでは、推奨される期間内にワクチン接種をほぼ終えることを前提に「単独接種は何ら否定されるものではない」、また「同時接種はあくまでも原則2本まで(+経口のロタワクチンは可)」とお話しております。何よりワクチン接種は強制されるものではなく、提供する側とその受け手側がお互いの理解・信頼関係の上で行われることが大切であると考えています。

土曜・日曜も診療しています022-398-3353 土曜・日曜も診療しています022-398-3353

診療のご案内

診療時間

時間 月 火 水 木 金 土 日
9:00
|
12:30
● ● ● ● × ● ●
14:30
|
18:00
● × ● ● × ▲ ×

休診日:火曜午後・日曜午後・金曜・祝日
▲土曜日午後は14:00〜16:00
※急患は随時受付

診療カレンダー

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
  • 祝日を除く、土曜・日曜も診療
  • 火曜午後・日曜午後・金曜は休診

診療日
休診日
午前通常診療 / 午後休診
午前通常診療 / 午後14:00〜16:00
診療時間変更あり

院長ご挨拶・医師紹介

院長ご挨拶・医師紹介

2017年5月7日、開院10周年を迎えました。
沢山の方々に支えられ、応援して頂き、日々の診療で繰り広げられる親子愛や兄弟愛に励まされながら、何とかここまで来ることが出来ました。
…続きを見る

院長佐々木英彦のブログ 院長時事通信

クリニック紹介

クリニック紹介

医療法人イルソーレ 時計台クリニック
〒981-1227 宮城県名取市
杜せきのした2丁目 6-7
TEL:022-398-3353
FAX:022-398-3354

イオンモール名取エアリ北向かい
★土曜・日曜診療★

エビペンの処方

当院ではエピペンを処方できます エピペンとは、ピーナッツなどの食物アレルギーや蜂に刺された時などに生じる、アナフィラキシ―ショックに対する緊急補助治療薬です。

たばこと健康被害に関する佐々木院長の記事

たばこと健康被害に関する佐々木院長の記事が河北新報(2016年2月3日)に掲載されました。